インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。セラミックとは要するに陶磁器であり、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを必要とする、高レベルな作業なのです。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。
この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの洗練されたセンスとスキルが物を言うといわれています。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
その点は、担当医の技量に加え、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
新たな歯科治療の形として注目を集めているのがインプラントです。しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。
最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。
技術の進歩した今では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることに起因することが多いといえます。なるべくなら、インプラントを専門としている歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。
口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も左右されてしまうのです。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。長く根気のいるインプラント治療。
しかし、やっと治療期間が終わったといっても、ケアはそこで終わりではありません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。
日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。
さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ