インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。
さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療可能になっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探して、問い合わせてみましょう。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。インプラントは虫歯にならないとはいえ、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
全額自費と考えてください。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ