高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。
保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険適用が可能な他の治療方法よりも検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせの調整などに時間がかかり治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
これを保険適用にしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
虫歯がかなり悪化して、とうとう抜歯を迫られました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。
インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。
自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに頑丈です。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。
周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択するという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。
ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、一般的なケースではなく、普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因です。
安い材質、安い治療で済ませても十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてください。相場は地域によって異なります。
歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ