長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
不断のケアが求められます。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療は決して不可能ではありません。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。
痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
ただし、問題なく医療費控除を受けられます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにじっと耐えてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ