歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。
しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。
今後もおそらく保険はきかないでしょう。
なぜならインプラントを入れるという一連の治療は保険適用が可能な他の治療方法よりも歯科医や歯科技工士の手間がぐっと増えるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を避けられない理由です。安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上で始めなければなりません。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。
できればいくつかの歯科医院を比べ、治療を始めても、決して遅くありません。
チェック事項はいくつもありますが、まずその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。
近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗をゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強度を備えています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという説があったのではないでしょうか。それは違います。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。
虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。
ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。
インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。
インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工の歯を作ることだと考えてください。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。
それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するというのも、デメリットの一つです。障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ