様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得てください。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院も確実に増加していますので、まずはそこを見てください。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。
周辺の歯に影響を与えたくないと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。
一口にインプラント治療といっても、3つの段階に分けられます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
それに、埋入手術の際には手術時に神経を損傷する危険を伴います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ