インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべき

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。
インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではがんばって禁煙に励みましょう。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですからインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ