口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが一部で見られます。
これはなぜでしょうか。
一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。ひょっとして、と思ったら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の卓越した技術が必須といえるでしょう。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ