16時間にもおよぶ長い拘束時間

当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い拘束時間となっていて、勤務中の仮眠が取れます。月に8回までと国の指針によって決められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。
病院における看護師の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が長続きしない理由の一部と思われます。
高校進学の際に衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。
ですが、途中で看護師になりたいという気持ちがなくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、期間が短いことが理由で試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が困難という側面もあります。
看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年してしまうようです。
そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。
看護師免許を取るには、何通りかのコースが考えられます。看護師免許を取るためには、国家試験を受験しなくてはなりませんが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して学ぶ必要があるのです。看護師の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても違います。
仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。
2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ