面接官「特技は脱毛とありますが?」

そこで気になるのがVIO脱毛をどこで契約するかなんですが、人気店では「ミュゼプラチナム」「エピレ」「ピュウベッロ」なら安心できます。回数・料金・その他の特徴など、VIO脱毛をするうえで興味深かったサイトを紹介します。一たび脱毛の効果に目覚めると、他のパーツの脱毛もしたくなるという噂はある程度知っていました。自分にはまだ訪れない話だろうと無関係を装っていたのですが、その時は唐突にやってきました。もともと人よりも毛量が多いことにコンプレックスを持っていた私の興味は、もはや次の脱毛プランに向かっています。私が次の脱毛プランとしてピックアップしたのはアンダーヘアの脱毛です。足の付け根に沿ったVラインだけは両ワキとセットの契約でケアしてもらっていますが、Vラインは足の付け根に沿った部分だけで、アンダーヘアのほんの一部分にすぎません。もっと全体的に毛がある領域を小さくしたいし、もっと薄い状態にしたいんです。両ワキとVラインの脱毛に通い始めてから、これまではトラブルが多かった私のワキの下の肌質も見違えるようにキレイな状態になりました。今では肌トラブルをもたらしていた剃刀はまったく使おうとも思わなくなり、施術を予約した前日の自己処理は主として電気シェーバーを愛用しています。これも、お肌にも気を配ってくれるプロのエステティシャンの方の助言の賜物です。アンダーヘアの脱毛の施術範囲は、各社で少なからず違いがありますが、これは問題にならない程度の区切りの付け方の違いであって、VIO全体を見ると、どこの脱毛サロンでも大きな違いはないのが現実です。わずかな脱毛範囲の違いは脱毛サロン選びの決め手にはならないと言っていいです。欧州のセレブの間では全部なくしてツルツルにするのが普通という話も聞きました。VIO脱毛はハイジニーナ脱毛ともいうそうで、実はハイジニーナとは「衛生」という言葉からきているらしいです。ハイジニーナ脱毛は衛生的な生活を送るための脱毛であることがよく分かる豆知識です。大手の脱毛サロンでは、どこでもVIO脱毛を施術しているようですが、十数年前までは必ずしもそうはいかなかったようです。大切な部分だけに、それだけ高い技術力が求められていたことがその理由のようです。技術の発達ってありがたいですね。そうと決まればアンダーヘア全てが脱毛範囲のVIO脱毛しかありません。下の毛って脱毛に興味を持つまでは生い茂っているのが普通の事だと思っていましたが、全剃りした方が実はいいらしいということにも驚かされました。なんといっても生理の時に煩わしさが格段になくなるし、ニオイやムレを気にすることが断然少なくなるそうです。陰毛の脱毛をする時に気を揉むことのひとつが、完了後のVゾーンの形です。大半の脱毛サロンではアンダーヘア全体の面積や形を好きなようにデザインすることができます。多くの方が希望するのは、毛のあるところは小さくして形は不自然に見えない逆三角形らしいです。脱毛後のアンダーヘアをおしゃれに見せるためのポイントは、一目で分かるようなギャップをなくすことだそうです。そのために必要なのははじめのうちは生えている毛は1本残らず剃って毛量を減らしていくのが王道らしいです。想像してみると不完全な処理跡が分かってしまうと非常に恥ずかしいですからね。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ